Ryuichi: 2006年4月アーカイブ

CGMS-A

| | コメント(0)

audiofan.net@hatena - デジタル放送のコピーワンスはデジタル録画に対するコピープロテクト」で書いた誤りを「欲望の塊 returns - 補足」にてご指摘いただいて検索。

コピーワンスであっても、S端子や映像端子などのアナログ経由でつなげばダビングできると考えていたのですが、CGMS-Aにより、コピーワンスの映像はアナログ経由であってもDVDレコーダーにダビングすることはできないということです。

CGMS-A(Copy Generation Management System - Analog)は、映像信号にコピー世代・コピー可否の管理情報をのせるもので、これに対応するレコーダは、その情報に従って動作します。したがって、アナログ経由で送られてきた映像であっても、世代を認識して録画を停止するような動作もするということになります。

このアーカイブについて

このページには、Ryuichi2006年4月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはRyuichi: 2006年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1